練馬でリフォーム・新築するなら西井工務店

注文住宅 新築 スケルトンリフォーム 練馬区 スケルトンリフォーム 耐震住宅新築
スケルトンリフォーム 注文住宅 世田谷区
 

練馬区 O様邸 スケルトンリフォーム 増改築事例

 安心な住まい 耐震工事徹底追及
練馬区 リフォーム

リフォーム概要

リフォーム地名

練馬区田柄3丁目

リフォーム概要

改築リフォーム
3LDK
敷地面積:66.87㎡
建築面積
      1階:36.85㎡
      2階:33.54㎡

ご家族
大人3名

築年数

木造2階建て
築45年

リフォーム工期

4ヶ月

建築費1800万円+その他リフォーム  ・設計費用込み(建物診断費用、設計費:平面図・立面図・電気図・パース) 

スケルトンリフォーム 工事内容
基礎補強、基礎増し打ち、防湿土間コン、筋交い・金物類(やり替え)、梁補強、断熱材(床、壁、天井)、軒、破風、樋(新品交換)、1,2階間取り変更、階段変更など

建材新品交換:外壁防水(外壁材KMEW)・サッシ(シャッター付ペアーガラス)、玄関(断熱ドア)、キッチン・カップボード(パナソニック)、トイレ (パナソニック:暖房乾燥便座)、浴室(パナソニック:暖房乾燥機付)、壁(ボード・クロス)、腰壁材(パナソニック)、縦格子造作、床・建具・玄関収納 (パナソニック)、2階アルミ製バルコニー、収納棚、ニッチ、壁補強、各箇所手摺ほか

その他工事
外構(境界ブロック、フェンス・門扉、ポスト、表札、建物周り砕石、玄関タイル、庭ウッドデッキ、猫用の玄関ドア)など


一年前ご近所でスケルトンリフォームを施工させて頂いたT様からのご紹介でした。リフォーム計画の建物は築40年。
40年も住めば建物は老朽化が進みいろいろ問題も出始めます。部屋数が多い間取りは使いづらく、また階段はかなりの勾配。息子さんの部屋を通らないと行けないお母様のお部屋。増えたお荷物も置く場所が見当たらなくなり手狭な状況です。近所では建て替え新築などが進み災害に強そうな町並みになり、地震災害のことを考えると我が家に不安を感じてしまいます。では、と建替えを検討しても、建替えは建ペイ率、容積率の問題で、現在の建物より面積が減ってしまう結果でした。建替えをすれば新しくなるけど今以上に狭くなる、しかし、地震や老朽化が心配。困りました。
そんな時、スケルトンリフォームの現場を見てしまい、その施主T様にご相談しての経緯でご縁となりました。
O様のお宅は、築40年。昭和56年建築基準法改正前になり、構造、基礎、地盤について、どんな工事を施してあるかはわかりません。少なくとも40年経過した建物は、外から見ると屋根、壁の傷みはあり、構造体も、それなりの状態は想定しておきます。そして現場調査を行い、どのようにリフォームしていくかを検討。築40年の手応えはありそうです。ただ、むやみに外装や内装の修繕をしていなかった為、状態も想定しやすく、解体もやりやすいことです。
実際、解体してみると下の写真の通りで、浴室の洗面の水廻りの土台、柱は腐朽してスカス力でした。 室内の四方の土台柱が腐朽していると危ないので、仮補強しては解体の繰り返しで作業を進めます。
 
これは新築の場合ですが、耐力壁、壁配置バランスなど計算を行います。マ二ュアル化されており、複雑でなければ簡易計算をします。逆にプランを複雑にしないことで、高い数値の耐震等級が取れます。
だから、スケルトンリフォームでも、ここまで裸にするのですから、新築に近い形で構造壁や梁、耐力壁線を設計施工して、耐久性の高い建物にしたい考えです。その他、断熱性、省エネ性も意識してあげれば、新築で言う長期優良住宅性能に近づけられそうです。
しかし、ここまでの工事を検討できたとしても、難しいのが基礎です。建物を地面に繋げる重要な構造物です。現地調査を行っても、内部等わかりにく部位で、今回は基礎のことも予算的にしっかり考慮して頂く様にお願いをしました。解体してみると、鉄筋が入っていない無筋のコンクリート板と判明。暑い季節と重なり、基礎の補修工事で一か月近くを要しました。しかし、こちらとしてもここまでやれば耐久性に自信が持てて安心です。
そして土台、柱、筋交い、梁などを増やし、しっかり金物で固定して、剛性は上がり耐震性は耐久性は向上します。

ついでに壁の話ですが、建物外周の東西南北の角、内部の耐力壁線としたライン上、それぞれに耐力壁を設けてあげることで、建物の耐震性とバランスはよくなります。リフォームでも同じことで、木造住宅の基本です。更に壁の強さとして倍率があり、下の表の通りです。縦横X軸Y軸の壁枚数、壁配置を検討します。 リフォームでは、それほど慎重には検討していないのが現状でしょうか。新築では、必修のチェック項目ですので、スケルトンリフォームでもチェックしていきます。地震力、風力、パランスなどの壁量は、プランしている者であれば見ておよその見当が付きます。

◆新築木造住宅の計算に用いる壁倍率      バランスよくプランに配置して地震力、風力の計算をします。
練馬区 リフォーム 壁


工事は、このところの猛暑と異例の台風で天候との戦いになります。そんな条件が重なり少し工期も長くなりましたが寒くなる前には無事にお引渡しができました。この先、何十年もお住まいされるのでしょうから、メンテナンスしやすい建物の設計を行っています。建物がある限り維持管理して行きます。

ところで、お引渡しも終わった半年も経たない内に東日本大地震が起こり ました。
我々の仕事にも影響があり、ガソリンの供給が少なく次は何かと不安の中で仕事をしておりました。
ここ練馬の町並みは、古い家が多く、瓦が飛んだ建物も少なくありません。
引渡したお客様は、高齢の方も多く心配な方がおられました。数日、気になる方から順にまわり、お身体の無事と建物の点検を行いました。お客様も建物も無傷でした。ただ、数日は、ライフラインの破損等もあるので、緊急での体制は、整えておきます。
地震対策で、はっきり効果が出たものがありました。それは、キッチンの戸棚に装着する耐震クラッチでした。設備メーカーオプションになっている物を、弊社は標準で装備させてもらっていました。 地震時に、クラッチが作動して扉にロックがかかり開かなくなって、グラスや皿などが落ちないしくみになっています。どうやらそれがしっかり作動し、物が一つも落下しなかったと数件で言われました。ロック解除は簡単で、扉をドンと叩きます。

東日本大震災は、ここ練馬でも震度5強、塀や壁の損傷、瓦が落ちるなどの被害があちらこちらであったようです。
弊社の関係するところでは、事無く済みましたが、お怪我された方、震源地の近い方、ご苦労があったと思います。
 
間取りと設備のご提案
ご提案として、お施主様(旦那様)は背が高いので、既存の家では(40年前の建物では6尺(1m80㎝高さのドア多い)頭を打つことが多く、ドアを高くして床はバリアフリーにリフォームします。そして、トイレ、洗面、お風呂は広く、更にリビングも間仕切り壁を変更して広くなるように1階はLDK+水周りにリフォームしました。同時に耐震性を上げる為、図面は正確に作成して構造検討、地震に強いプランの壁配置で建物の全体の剛性を上げるようにリフォームします。結果、小さい部屋が多かった今までの間取りとは全く違うプランでご提案しました。

 新プランのポイントは、LDKを合わせて広くしたことに付け加え、洗面、お風呂、トイレを北側に入れ替えまとめ、家事のしやすい動きになるようにリフォームしました。そして階段の段数を3段増やし(今までは13段)踏みしろを広く取り緩やかにリフォームしました。これで、ご年配の方でも日常2階へ行き来できるようになります。あとは、最新の引き出し型のシステムキッチンで収納力をアップ。調理用電気機器も専用コンセントを設けカップボード内に収納。収納力も増えすっきりした台所とトイレ、お風呂が快適になるように感じて頂けたらと提案を致しました。

 ところで、ご家族は他に、夜遊びが好きな子(猫)が二匹おられ、外出するといつもお帰りは真夜中。その度に、窓を開けてあげ寝不足気味な日常だったようです。また室内にいる時は、柱をガリガリして爪研ぎで今のお住まいは柱がボロボロになってしまっています。それは新しくしても解決しないだろうと旦那様の諦めていた悩みでした。
そんな旦那様の寝不足と爪研ぎの悩みも建築計画に入れられればと思いました。
それは『仕事のこだわり』でご紹介させて頂きます。

 

 スケルトンリフォーム解体中
土台と基礎
練馬区 リフォーム 練馬区 リフォーム 狭小、袋路地⇐お風呂場の跡


腐朽して土台は乾燥したパンのように解体中につぶれました。柱は座屈を起こして曲がっている。
⇙洗面-風呂場の土台と柱


     ⇓土台と柱を新しい物に交換。
練馬区 リフォームE3.JPG 練馬区 リフォーム 増築

崩れる場合があるので、解体しては仮補強を繰り返す作業。   ⇓基礎、土台の1階柱補修が終わったところ。
練馬区 リフォーム 新築




 
基礎完成)鉄筋を入れた基礎で補強し更に耐圧盤で囲み、べた基礎の様にします。

 木構造
練馬区 リフォーム 増築 練馬区 リフォーム 新築
練馬区 リフォーム 全面 左上)                 右上)
ほぼ柱むき出しになった状態。 古い柱より強度のある
               集成材で全て補強して
               行きます。


左中)
断熱材は隙間なく敷き詰め
ていきます。


左下、右下)
新築と同じくらいか、それ以上に新しい材が入り金具で固定し、さらに筋交いと壁合板でしっかり剛性を取ります。
まばらに古い材が見えますが、ほぼ新しい材で組み立てられ、今の耐震基準の考え方で剛性を取っていきます。
練馬区 リフォーム 全面 練馬区 リフォーム トイレ

外観・内観  施工前と施工後の比較

練馬区 リフォーム カーポート 練馬区 リフォーム 浴室

カーポートは特に使用していなく、玄関がその奥で暗く
なってしまっているのはもったいなく、エントランスを引き立てたいです。
1-11_02.jpg
外構もリフォームの計画としてしっかり入れておけば、元の面影もなくなり、すっかり新築になります。
どこから見ても新築ですね。
 
練馬区 リフォーム内装 リフォーム前 練馬区 リフォーム トイレ
屋根も床もだいぶ傷んでいるようです。気をつけながら上手に解体して行きます。 ペアーガラスと断熱材を床壁天井にしっかり入れているので、高気密高断熱になり、省エネで快適な暮らしができます。
練馬区 リフォーム ベランダ 練馬区 リフォーム 
左)
2階のバルコニーはスチール製で、バルコニーに出るところ
のまたぎが高く、布団を干すのにもたいへん。
錆も多く危なくなってきています。




左下)
綺麗になったバルコニー。色も明るくきれいで隣の家まで
改築したように見えます。




右下)
2階建てに多い、バルコニーに出る時のまたぎ。屋根の勾配を直し、部屋からバルコニーに出るところは、全てラットにして使いやすくしました。
練馬区 リフォーム 水廻り
練馬区 リフォーム 階段 練馬区 リフォーム 階
昭和50年頃まではこんな造りの階段は普通でした。懐かしく感じますが、日常使っているとためには踏み外しそうです。 階段、上記の以前の写真と比べて下さい。
写真をみるだけでも、ストレスがなくなります。
曲がり階段でも上手に設計してあげれば、安定して下りやすい階段になります。
一段が18.8cm→21.8cmになります。
練馬区 リフォーム浴室 リフォーム前 練馬区 リフォーム 浴
大柄なご主人様には、ちょっと窮屈です。入口は段差があり、そしてタイルは滑りやすく、手摺も無いのでいざという時は危険です。

湿気の多い場所が腐食するのは>           
お風呂場は湿気が発生する場所で、家の寿命を大きく左右
させる所。床や壁、天井に湿気が侵入し、構造体を湿らせ
ます。湿った木材は腐朽菌を増殖させ、シロアリにとって
の最適な餌場になります。腐朽菌とシロアリは、どこでも存在し、条件が整えば木材を腐朽させ、有機物の木材は あっという間に、スカスカの無機化の物質にさせてしまいます。こうなれば構造体の役目などありません。解体で取り出した材は、子供の空手チョップで真っ二つです。  
同じ面積でも、今のユニットパスは広く、防力ビ、湿気、 暖かさにすぐれて、デザインも以前のユニットパスのちや ちな感じはありません。そして弊社では、ユ二ットパスに 暖房換気乾燥機を標準仕様でご提案しています。浴室に物 干しが掛けられるようになっているので、雨の日は洗濯が 干せて、冬は暖房機になります。 しかし一番のポイントは、使うと優しさの設計がありま す。手摺がほしいところに付いていて、洗面からパリアフ リーで浴室に入れ、湯船にも軽く腰を下ろして入りやすく 出やすい、排水溝のお掲除もらくらく・・・。説明より体 験してみると良いですよ。



写真は、パナソ二ック ココチーノ
練馬区 リフォーム トイレ 練馬区 リフォーム トイレ

写真には写っていませんが、上には棚があり、気を抜くと棚と頭をガチンコしてしまいます。
トイレのドアはH2000になり、トイレ内はH2350で収納棚をつけても頭は当たりません。
お掃除しやすい、汚れにくい、座り心地良い。
今のトイレに座ると現代に生まれてよかったと思います。
写真は、パナソニック アラウーノ
練馬区 リフォーム 練馬区 リフォームCIMG0032.JPG

だいぶ整理されて使用されていますが、収納力がかなり足りないようです。災害のことを考えると危ないです。
広々としたキッチン、清潔感と収納力UPで美しいキッチンに。
☆災害時には、耐震クラッチが作動し、棚から食器類が落ちることはありませんでした


増改築リフォーム施工後

練馬区 リフォーム外壁 リフォーム前 練馬区 リフォーム増改築 リフォーム中 練馬区 リフォームAAA - コピー.jpg
練馬は、道幅が狭いところが多く電柱
がすごく邪魔です。全面道路は、通学
路になっていて、地震でブロックが倒れたりしたら大変です。
解体して骨だけの状態です。
常に天気も気になり、一番気を抜けない状態です。
とても綺麗になりました。
危なかったブロック塀もやり替え塀の倒壊の心配もありません。


仕事のこだわり

今回かなり難易度の高いリフォーム工事となり特筆したいところはたくさんありますが、弊社が掲げるプラスアルファの提案として、『提案内容』の項目でお話しておりました、ご主人様の諦めかけていた猫達の悩みをどう解消することができたでしょうか、悩み2点のご提案をご紹介します。

その1
練馬区 リフォーム猫出入口3.JPG 練馬区 リフォーム猫出入り口 リフォーム後
  左と上)
猫用の玄関をリビングに設置しました。
今までは、猫達の夜の帰宅に備えて、少し窓を開けておいたり、気配がしたら、窓を開けてあげたり夜中気にかけて大変だったようです。
写真の機械は猫の出入り口になり、猫に磁石の首輪を付けそれが反応して扉が開く仕組み。扉は、リビングの壁面数センチの高さに設置。外からは、デッキのバルコニーに高さを合わせて設置。人間にとっても猫にとっても特に違和感はなく、猫も最初は戸惑いますが、1、2回通ればすぐに慣れます。
練馬区 リフォーム 屋根




 左、下)
外の入り口は、通風口のように見えて目立ちません。
デッキから猫がまたげる高さで、部屋からもデッキ側からも出入りしやすく、他の猫がついてきても自動でスクリーンが下りてバコンと頭を打ちシャットアウト。お姫様の特別な玄関ですね。
練馬区 リフォーム 床

その2

練馬区 リフォーム 外壁 練馬区 リフォーム 屋根 練馬区 リフォーム 新築
左) 「言うとおり作ったが、こんなで、うまくいくのか?」
中) 爪研ぎ完成
右) 階段下に猫用おトイレ。

斉藤:大工 猫トイレ入口に爪研ぎを設置しました。

旦那様のもう一つの悩み、新しくなっても猫に壁を爪でボロボロにされてしまう、という心配でした。
リフォーム前の状 態を知っている我々にとっても、数年で壁をボロボロにされてしまうのは、ちょっと悲しい。
引越しした仮住まいの家に移ってもガリガリ、クロス壁をやっているようです。
これは、間違いなくリフォームしてもや られる。猫を飼っている以上どうしようもないことです。
しかし、ムツゴロウさんには及びませんが、だいたい猫の習性を知っている私は特にお金もかかることのない方法で考え
やってみました。
まず40年住まわれた建物の特に力リカリやっている柱に目をつけて、その柱を残してもらうように解 体職人に頼んでおき
外して保管しておきます。

後は簡単、それを、かじった部分1mの長さで切断して

(写真中)柱材 がひっくり返らないよう台座をつけて完成。

壁のどこにでも設置できどこでもしっかり自立します。

(写真左) これで、部屋の壁、ノーナーなどに設置します。
(写真右) あとは、実際にうまくいくかは実践でしかわかりません。

さて、お引渡し後どんなものか?
その後訪れてお客様にお聞きしました。

☆☆☆

うまくいっているようです。
それも新しい壁には見向きもせず、猫にとっても私にとっても煙しいことでした。

 完成
練馬区 リフォーム
LDK内観

上)LDK、とても明るいキッチン
  (この後、震災がありましたが耐震クラッチが作動して、物がひとつも落ちずこの状態です。)

下)リビングからオープン階段(穏やかな階段)を上がるところ
 
練馬区 リフォームM1 - コピー.JPG

 

その他の増改築施工事例もご覧ください

 

▲TOPページ

注文住宅 スケルトンリフォーム 新築新築 練馬区 スケルトンリフォーム注文住宅 スケルトンリフォーム 新築注文住宅 スケルトンリフォーム 新築注文住宅 スケルトンリフォーム 新築 練馬区 リフォーム注文住宅 スケルトンリフォーム練馬区




注文住宅 スケルトンリフォーム 新築 HP2703182.jpg



有限会社西井工務店へのご相談、お問い合わせはこちら

リノベーション 練馬区 リフォーム 注文住宅 スケルトンリフォーム リノベーション

練馬区 スケルトンリフォーム リノベーション

270319.jpg

◇business contents
 新築、リフォーム、建物調査、設計、
 デザイン、監理施工、 ローン手続き
  ◇office
 地下鉄副都心線平和台駅歩10分
 東武東上線下赤塚駅歩10分
 地下鉄大江戸線光が丘駅歩20分◇profile
 有限会社西井工務店
 東京都知事許可 般19第5119号


注文住宅 低炭素住宅 長期優良住宅

長期優良住宅 低炭素住宅 フラット35

長期優良住宅 耐震 フラット35


耐震断熱 高断熱 長期優良住宅

耐震断熱 高断熱 フラット35取扱い
耐震断熱 高断熱 フラット35 


◆今月のお知らせ◆
借り換え 組み換え フラット35


 新築+土地(ローン返済中) 
フラット35
新規組えができます




練馬区 リフォーム スケルトン
ブログ




【取扱い構造】

◆新築
木造軸組み工法
鉄骨造
RC造
混構造

◆リフォーム・増築
<既存の躯体構造>
木造(軸組、2X4、
各住宅メーカー工法)
軽量鉄骨
重量鉄骨
RC構造
SRC造
混構造
その他

◆スケルトンリフォーム
<既存の躯体構造>
木造(軸組、2X4、
各住宅メーカー工法)
軽量鉄骨
重量鉄骨
RC構造
SRC造
混構造
その他


【施工エリア】
弊社のある東京都練馬区を中心に移動
60分範囲を施工エリアとしています。
詳しくは、お問い合わせ下さい
施工エリア 練馬の新築・耐震・外壁屋根塗装・リフォームなら 新築・耐震・外壁屋根塗装の施工 リフォーム

【施工事例地】
東京都練馬区
(平和台、北町、田柄、光が丘その他)
東京都世田谷区、東京都杉並区
東京都中野区、東京都新宿区
東京都目黒区、東京都板橋区
東京都北区、東京都品川区
東京都台東区、東京都大田区
東京都豊島区、東京都文京区
東京都港区、東京都江東区
東京都武蔵野市、東京都三鷹市
東京都狛江市、東京都調布市
東京都西東京市、東京都東久留米市
東京都国分寺市、東京都国立市
東京都清瀬市、東京都東村山市
埼玉県戸田市、埼玉県志木市
埼玉県所沢市、埼玉県ふじみ野市
埼玉県富士見市、埼玉県和光市
埼玉県新座市、埼玉県川越市
埼玉県三郷市
、さいたま市大宮区
さいたま市浦和区、神奈川県川崎市
神奈川県横浜市、神奈川県箱根町
ほか








▲TOPページ