練馬でリフォーム・新築するなら西井工務店

注文住宅 新築 スケルトンリフォーム 練馬区 スケルトンリフォーム 耐震住宅新築
スケルトンリフォーム 注文住宅 世田谷区
 

 

リフォームに関するご質問.jpg 

 リフォーム全般に、お客様にいただいたご質問にお答えします。
   1、満足いくリフォームをするポイントは?
   2、古い木造住宅の建て替えをするのとリフォームするのとではどちらがいいですか?
   3、新築に対してリフォームの満足度はどれぐらい期待できますか?
   4、住みながらでも工事できますか?
   5、リフォームの工事は何日くらいかかるの?
   6、住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
   7、 道幅が狭く建物も敷地いっぱいです。リフォームできますか?またどの程度のリフォームが可能   になりますか?   
   8、増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
   9、今の家はとても寒いのですが、リフォームして暖かくなりますか?
  10、リビングが狭く水周りを広くしたいのですが何かよい方法ありますか? 
  11、現在タイルのお風呂ですがリフォームするにはどのような方法が考えられますか?
  12、和式トイレを洋式トイレにしたいのですが?
  13、家が古く震災に不安を感じます。リフォームで新築に近い耐震基準にできますか?
  14、 階段が急で2階の上り下りが大変です。改善方法はありますか?
  15、  いろいろ相談はしたいのですが、問合せした後、いろいろと営業してくることはありませんか?


  1、満足いくリフォームをするポイントは?
  現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくることをおすすめします。
漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。 また、建築雑誌等、本やインターネットで情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などを切り取ったり、プリントアウトするなどして打合せに活用してください。住宅設備機器の場合は、ショールームに行って確認しておくのも失敗のない為のポイントです。
    top.jpg
  2、古い木造住宅の建て替えをするのとリフォームするのとではどちらがいいですか ? 
  建築基準法上、建替え可能であれば新築の方が優遇措置も多くお得な面は多いです。
まず新築の場合、耐震・耐久・断熱の書類審査と現場検査を行い性能保証が付きます。そして 住宅瑕疵担保履行法により最低でも10年保証が約束される為、低金利の借入れ(フラット35等)が使えたり税金面でも優遇があったりします。保証書類のお墨付きが付き借入れなどがしやすくなります。
一方、リフォームの場合は全ての構造をやり替えるわけではないので保証が付くことはなく、借入れや税金面で優遇される内容が少なくなります。しかし、建替えするのにも道幅が狭く法規上の接道が取れなかったり、建ぺい率で建て替えすると家が狭くなったり、現行の建築法規では確認が取れなくリフォームでしか考えられないケースがあります。建築確認なしで手がつけられるのはリフォームの利点で、長期保証こそつきませんが、シロアリや防水工事、設備機器等には2~5年の保証がつきますし、保証期間が終えてもお施主さんと共に我々がメンテナンスして行きます。新築と同等に維持管理していくことになりますので安心してお住まいできると思います。
    top.jpg
  3、新築に対してリフォームの満足度はどれぐらい期待できますか?
   弊社で全面リフォームを行った多くは、建物が30年、40年経過するもので、当時の造り手によって様々であって、また老朽の度合いでも違いとても難しくなります。でも既存建物をしっかり検証し、一つ一つ問題点をクリヤーさせ新築の項目通りリフォームをして行けば満足度は新築に限りなく近づきます。
弊社のリフォームのやり方は、最初に建築診断を行います。建物寸法、写真を撮りながら腐朽箇所、耐震性の弱い箇所を見極めていきます。そして現状の建物図面を起こし、新築する時と同じ基準で構造、断熱、換気などを考え、電気図(コンセント、スイッチの位置)、設備図等も詳細図面を起こします。施工では弊社の場合、解体作業を大工が行います。リフォームは壊すところから造る工程が始まり、設計段階で構造検討をしていながらも、現場からも現況に対応した最良の方法であるか大工の相談もあります。全てが三位一体の仕事ができて、ご提案内容も広がり設計の自由度、長期的な安心感につながっています。
そして設計図書、写真などを永久に保管し、将来的なトラブルやメンテナンス、改築にも対応できるように、リフォームとしての価値、満足度を感じて頂けることと思っています。
    top.jpg
  4、住みながらでも工事できますか?
  部分部分で養生をして区分場所を変えながら工事する方法はあります。
規模や間取りにもよりますが、大掛かりな修繕の場合、防犯上、また災害上危険の無い状態で生活できることを検討しなければなりません。工事箇所の移動ごとに荷物移動、工事の二度手間、給排水・電気の切り替え作業があり、日々落ち着かなく金額も余分にかかり返って仮住まいの方が金額面や生活面で楽なことがあります。仮住まい等、ご心配でしたらこちらでお探しすることもできます。いずれにしましても、まずは悩まず、ご相談頂き最適な方法をシミュレーションしてお打ち合わせさせてもらいます。
    top.jpg
  5、リフォームの工事は何日くらいかかるの?
  工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違いますので一概には言えません。
目安としまして、簡単な内装工事で一週間、ユニットバス、システムキッチンの交換等の設備工事で7日~10日、それら一式の内装工事と設備工事を合わせて行った場合で3~4週間、更に間取り変更を行い内外全面改装で2~3ヶ月ぐらいかかります。ほか外壁の塗り替え工事は7~14日、太陽光発電の設置工事に4日ぐらいが目安の工期です。(いずれも日祭日を除く実働日数。外部は天候不順日は除きます。)
また、ごく稀に解体を行い問題が見つかることもあり予定より工期がかかることがあります。
    top.jpg
  6、住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
 
30年~40年も経つ家になると構造の面で難しくなってきます。しかし、リフォームのご要望が多いのはこのクラス、構造壁や梁をチェックし更に補強をおこない、間仕切り壁を安全に動かせることを検討します。現況をしっかり調査し、現況図面を作成して検討することにより間取りの自由度が大きく広がります。リフォームだからと言って耐震性やプランを妥協することはないと思います。お任せ下さい。 
 
    top.jpg
  7、道幅が狭く建物も敷地いっぱいです。リフォームできますか?またどの程度のリフォームが可能になりますか? 
 
隣地との幅が足場が建てられる幅があれば全面リフォームも可能です。道路幅が狭くても手運びで作業します。
小運搬費用がかかりますので現地を調査して最適な方法を検討します。あと進入路が私道のケースが多いので近隣にご理解頂くことと給排水、電気、ガスなどの付帯設備の経路を調べます。何かで工事中断となっては大変なことになります。しっかりとした下調べが必要になります。
まずは、基本計画を立てる為に建物診断、敷地調査をすることをお薦めします。
 
    top.jpg
  8、増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?
 
増築は基本的に建築確認申請が必要になります。それに伴い既存の本体の建物も確認申請の対象となります。
既存と増築と併せて建ぺい率オーバーにならないように計画しなければなりません。また2階建てに3階を積むことはほぼ不可能です。基礎など2階建てに設計されたものは構造上3階建てに耐えるようには作られていないからです。構造上のこと法規上のことが絡みますので一度ご相談下さい。
 
    top.jpg
  9、今の家はとても寒いのですが、リフォームして暖かくなりますか? 
  弊社のリフォームの考えは、構造、断熱も新築をベースに長期維持管理ができることで設計します。
施工中でも痛んでる基礎、柱をチェックし気になるところがあれば修繕して行きます。断熱に関しても小さな断熱の隙間があるだけでも、効果が下がるので注意しながら施工します。できるだけ高気密を取り、高齢者にも優しい作りを目指します 。
 
    top.jpg
  10、リビングが狭く水周りを広くしたいのですが何かよい方法ありますか?
 
工夫により広くなります。既存の家の間取りはL・D・Kや居室を区切り部屋数を多く取っている為、それがかえって使いにくくしています。それらの区切られた部屋の間仕切りを変更してLDKを広くしたりします。またキッチンなど、現行品は引出し式が主流で古い物と比べると数倍の収納力があります。押入や物入の扉は3本引きで2.2mの高さまで開口スペースが取れて収納力をUPさせることができます。収納力をUPすることで居住スペースを広く取ることができます。また廊下が長かったり多く取ってあったり、上手くトレードしてあげれば洗面、お風呂、玄関などが広くなります。
 
    top.jpg
  11、現在タイルのお風呂ですがリフォームするにはどのような方法が考えられますか?
 

簡単にタイルを張替えたり浴槽の交換は可能で比較的小規模でリフォームできます。
しかしできれば、ユニットバスをお勧めします。ユニットバスは数年前までデザイン性や質感などで嫌がる方もおられましたが、最近のものはバリアフリーで、お洒落な壁材に目地が少なく排水口と共に掃除しやすく設計されています。しかし、水周りの改修の本当の意味では、浴室の改修は建物の寿命に大きく影響します。雨漏れや特別な水気の浸入以外、建物で必ず最初に痛み始めるところがお風呂や洗面です。木造の構造は湿気があることで腐朽がはじまりシロアリに荒らされます。外見は比較的綺麗に見える建物でも、解体すると想像もしていなかった状態が目に飛び込みます。リフォームすると湿式のお風呂は腐食していることが多いのです。そこでユニットバスが登場しました。今の物は使い勝手がとてもよく、段差がなくよい位置に手摺がついていて、丁度ひざを曲げたあたりの高さに浴槽があり、入浴しやすく腰掛やすくて出やすい、とても安全な優しい作りです。温度差が少なく空調面でもバリアフリーで全てがご年配にとって心配りのある設計です。
最近のユニットを一度ご覧になってみて下さい。

    top.jpg
  12、和式トイレを洋式トイレにしたいのですが?
  現状の床や便器を全て撤去してつくり直します。洋式便器を取り付けるのにあたっては排水管の位置なども考慮する必要があります。最近では、狭い和式トイレの洋式へのリフォームに適応する便器・タンクのセットや、ある程度の排水位置に対応できるリフォーム便器があります。また、あわせて洗浄暖房便座を取付されたい時は電源(コンセント)が必要になります。
    top.jpg
  13、家が古く震災に不安を感じます。リフォームで新築に近い耐震基準にできますか?
  昭和56年の建築基準法改正で地震に対する建築基準が見直され地震に対する基本的な内容が確立されてきました。それ以前の建物は、建築主の考え方でまちまちな手法を取っています。そこに老朽化が進んだからと言って単純に材料を新しくしただけでは災害に対する備えは万全ではありません。床下の換気、柱の補強、外壁の補強など簡単にできそうな改善商品があるようですが個々の建物に対して全く根拠の無いことです。
現在の建築基準法では、新築の耐震基準は整備されていますが、リフォームに対する耐震基準は、ケースバイケースの掴みどころのない状況で、リフォームは業者の判断になります。
見積もりの内容や施工方法の詳しい説明を受け、納得して工事をお願いすることです。
    top.jpg
  14、階段が急で2階の上り下りが大変です。改善方法はありますか。
  エレベーターを設置する方法もありますが災害時には使えませんので、別に階段は必要になります。
スペース的な問題が一番になりますので、階段を生かすことをお薦めします。建物が20年以上経過したものになると、蹴上げがかなり高くなっています。20cm以上になるとかなりきつく、その場合たぶん踏みしろも少なく、踏み外したら大変なことになります。改善方法は階段スペースを前後に伸ばして階段周りの設計を見直すことになります。階段は、柱や梁も交差して重要な部分ですので充分検討な検討が必要になります。
段数が増えても蹴上げは19cm未満にして手摺をつければ危険度は解消され負担もかなり少なくなります。
 
    top.jpg

  15、いろいろ相談はしたいのですが、問合せした後、いろいろと営業してくることはありませんか?
  弊社は会社都合の販売目的だけの仕事はしておりません。ご依頼されても、そんな進め方はしておりません。
それは、工事に入ってもお引渡ししても同じです。
技術的なプライドを持って、お客様の立場で進行させてもらいます。
西井工務店の企業理念がそこにありますので、お約束できます。
    top.jpg

▲TOPページ

注文住宅 スケルトンリフォーム 新築新築 練馬区 スケルトンリフォーム注文住宅 スケルトンリフォーム 新築注文住宅 スケルトンリフォーム 新築注文住宅 スケルトンリフォーム 新築 練馬区 リフォーム注文住宅 スケルトンリフォーム練馬区




注文住宅 スケルトンリフォーム 新築 HP2703182.jpg



有限会社西井工務店へのご相談、お問い合わせはこちら

リノベーション 練馬区 リフォーム 注文住宅 スケルトンリフォーム リノベーション

練馬区 スケルトンリフォーム リノベーション

270319.jpg

◇business contents
 新築、リフォーム、建物調査、設計、
 デザイン、監理施工、 ローン手続き
  ◇office
 地下鉄副都心線平和台駅歩10分
 東武東上線下赤塚駅歩10分
 地下鉄大江戸線光が丘駅歩20分◇profile
 有限会社西井工務店
 東京都知事許可 般19第5119号


注文住宅 低炭素住宅 長期優良住宅

長期優良住宅 低炭素住宅 フラット35

長期優良住宅 耐震 フラット35


耐震断熱 高断熱 長期優良住宅

耐震断熱 高断熱 フラット35取扱い
耐震断熱 高断熱 フラット35 


◆今月のお知らせ◆
借り換え 組み換え フラット35


 新築+土地(ローン返済中) 
フラット35
新規組えができます




練馬区 リフォーム スケルトン
ブログ




【取扱い構造】

◆新築
木造軸組み工法
鉄骨造
RC造
混構造

◆リフォーム・増築
<既存の躯体構造>
木造(軸組、2X4、
各住宅メーカー工法)
軽量鉄骨
重量鉄骨
RC構造
SRC造
混構造
その他

◆スケルトンリフォーム
<既存の躯体構造>
木造(軸組、2X4、
各住宅メーカー工法)
軽量鉄骨
重量鉄骨
RC構造
SRC造
混構造
その他


【施工エリア】
弊社のある東京都練馬区を中心に移動
60分範囲を施工エリアとしています。
詳しくは、お問い合わせ下さい
施工エリア 練馬の新築・耐震・外壁屋根塗装・リフォームなら 新築・耐震・外壁屋根塗装の施工 リフォーム

【施工事例地】
東京都練馬区
(平和台、北町、田柄、光が丘その他)
東京都世田谷区、東京都杉並区
東京都中野区、東京都新宿区
東京都目黒区、東京都板橋区
東京都北区、東京都品川区
東京都台東区、東京都大田区
東京都豊島区、東京都文京区
東京都港区、東京都江東区
東京都武蔵野市、東京都三鷹市
東京都狛江市、東京都調布市
東京都西東京市、東京都東久留米市
東京都国分寺市、東京都国立市
東京都清瀬市、東京都東村山市
埼玉県戸田市、埼玉県志木市
埼玉県所沢市、埼玉県ふじみ野市
埼玉県富士見市、埼玉県和光市
埼玉県新座市、埼玉県川越市
埼玉県三郷市
、さいたま市大宮区
さいたま市浦和区、神奈川県川崎市
神奈川県横浜市、神奈川県箱根町
ほか








▲TOPページ