練馬区 A様邸 増改築リフォーム事例(スケルトンリフォーム事例)

築45年 単世帯を二世帯住宅にスケルトンリフォームで間取り変更
  練馬区 A様邸 増改築リフォーム事例(スケルトンリフォーム事例)

施工事例データ

施工概要 スケルトンリフォーム
1階 2LK⇀1LDK 43㎡
2階 4部屋⇀3DK 43㎡
建r />ご家族
大人4名
子供2名
地名 練馬区田柄1丁目
築年数 45年
工期 3ヶ月半
建築費2000万円+外構、・設計費用込み(建物診断費用、設計費:平面図・立面図・電気図・造り付け家具パース)

<スケルトンリフォーム請負工事内容>
工事範囲:基礎(鉄筋の追加、増し打ち、耐圧盤の新設、基礎パッキン)、木構造(筋交い新設、梁新設、柱交換・新設、金物類交換)、天井壁(耐火ボード、クロス仕上げ)、断滅材(床80壁、壁100㎜、天井100㎜、屋根裏換気)、外壁(KMEW15㎜サイディング)、サッシ(断熱サッシ、断熱ドア)
設備:キッチン(Panasonic)、トイレ(Panasonic暖房乾燥便座)、浴室(Panasonic暖房乾燥換気扇付き)、フローリング・建具(Panasonic)、ニッチ、棚造作、収納家具造作、ボード特注、電気設備/撤去⇀新設(電気配線、コンセント、スイッチ、TV配線、LAN配管)、上下水道/撤去⇀新設、ガス/撤去⇀新設(配管、栓)、照明器具(玄関、階段、
廊下、リビング、ダイニング、台所、キッチン手元灯、トイレ、洗面、各居室)、エアコン(全室6台)

外部:給湯機20号x2台、水道/電気/ガス(敷地内引込み)、上下水道(敷地内/撤去⇀新規)
外構:玄関タイル、土間コンクリート(道路側)、防草シート/砕石(建物周り)、境界塀ブロック、表札、ポスト、庇(玄関、自転車置き場)

前年にスケルトンリフォーム工事を行ったK様邸のご近所で、お客様は着工から完工まで、毎日、現場を通り見学されておられました。珍しいリフォーム工事なので、通りすがりに眺めておられるのかと思っておりました。
翌年「同じような工事で自宅を改装したい。」と、お話がありました。

お客様の敷地は、バス通りから道を入ったところ。静かで買物や交通の便も良く、長く住み慣れた環境で、場所はとても良いところです。しかし、狭くは無い前面道路は、位置指定道路の認定が取れておらず新築(建替え)ができません。たまたま近所で行った、私共のスケルトンリフォーム工事を見て、この工事方法で二世帯に間取り変更ができないか、そして耐震や耐久性に心配のない様に構造補強して、新築に近い形に建物を蘇らせることはできないものか、とのご相談でした。

西井工務店の施工のこだわり

基礎は大切です・・・・・
建物をスケルトンにすることにより、腐食した木部の構造を改修して、更に補強を施すことは、大変な作業ですが想定内のことです。地盤が弱かったり、基礎が破損、若しくは元々の基礎が弱かったりした場合は工事が難航します。基準法改正以前の昭和56年以前の建物は、構造について様々なやり方をしていて、現在の目からすると、素人の方が見ても問題だらけなところに、腐食が広範囲に進行していることが一般的です。そして基礎だけは外見が綺麗なので大丈夫かと思いきや、調査してみれば無筋であったりします。無筋の場合は、鉄筋を入れ直したり補強をします。最後に基礎が結束して、地盤に対して面で支持するよう耐圧盤を打ち込みます。上記写真がその作業状況で、かなり大変な工事となります。

基礎工事が一カ月近くかかり、木部の工事に入ります・・・・・
新たに梁、柱を増やして、建物の構造体が信頼できるものにしていきます。
昔の建物は、柱、梁の数が極端に少ないので、現在の考え方で補強していくと、古い既存の柱や梁などは埋もれるように、殆ど存在感が無くなり、新しい柱、間柱で囲まれ、新築中の上棟した様な状態になります。

施工が完了しました

見た目だけでなく、基本から見直す

弊社では二世帯変更リフォームや、建て替え不可の土地に建てられた家を蘇らせるスケルトンリフォームに加え、完全フルオーダーの注文住宅など、敏速な対応・ご相談に応じることが可能です。妥協のない工程が施工事例の写真でもわかっていただけると思います。
  • 注文住宅
  • スケルトンリフォーム
西井工務店のこだわり
  • point
    家づくりのポイント
  • price
    家づくりの費用
  • skeleton reform
    スケルトンリフォーム よくある質問
  • new construction
    注文住宅 よくある質問
  • skeleton reform
    スケルトンリフォーム 施工の流れ
  • new construction
    注文住宅 施工の流れ