練馬区 K様邸 増改リフォーム事例(スケルトンリフォーム)

築45年 床の冷込み寒さ解消(基礎・断熱・ 床柱の腐食)
  練馬区 K様邸 増改リフォーム事例(スケルトンリフォーム)

施工事例データ

施工概要 改築
2LDK
敷地面積:65㎡
建築面積
1階:33㎡
2階:25㎡
ご家族大人2名
地名 練馬区田柄1丁目
築年数 45年
工期 2ヶ月半
建築費1300万円+外構・塀等その他工事・設計費用込み(建物診断費用、設計費:平面図・立面図・電気図・パース)

リフォーム内容
1階のリフォーム
工事範囲:基礎補強、基礎増し打ち、耐圧盤補強、筋交い・金物類(全てやり替え)、梁補強、断熱材(床、壁、天井)、屋根周り新品(軒、破風、樋)、間取り変更など
建材新品交換:外壁防水(外壁材KMEW)・サッシ(シャッター付ペアーガラス)、玄関(断熱ドア)、キッチン・カップボード(クリナップ)、トイレ(TOTO:暖房乾燥便座)、浴室(クリナップ:暖房乾燥機付)、壁(ボード・クロス)、床・建具・玄関収納(パナソニック)、ビルトイン収納、家電収納棚、ニッチ、壁補強(絵画飾り)ほか
+
その他工事
特注家具テーブル(アイカ工業)、外構(境界ブロックよう壁、TOEXフェンス・門扉、ポスト、表札、建物周り砕石、玄関タイル、花台など)

前年にスケルトンリフォームを行ったOBのお客様からご紹介でした。
平和台と光が丘を結ぶバス通り田柄通りといい、その道沿いから袋地状に建ち並ぶ建物です。
敷地は、袋地の道を出た目の前がバス停、隣はコインパーキング、コンビニといった日当たりが良く便利な立地条件です。

引っ越された当時、辺りは田畑と荒地で、そこに建物がポツンと建っていたそうです。建物は築45年、一見床も柱もかなり頑張ってきた様子。冬は隙間風がどこからか吹き込み、そして地震が来る度に大きな揺れときしみ音が気になり、いつ何が起こると考えると不安を感じてしまう毎日。
二人で住むには手狭ではないけど、1階が6畳(和)と4.5畳DKの真ん中に壁や収納が位置し、遮断されて使いつらいとのこと。1階をLDK続きのワンフロアーに間取り改造して、廊下から洗面室、トイレ、浴室までバリアフリーになるような、リフォームで家を変えられないですかとのご相談。
図面打合せを何度か重ねて、ご予算的にも納まり、仮住まいも確保して準備が整いました。

お客様、体調を崩された時期もあり、半年後の暖かくなってからの着工となりました。奥様は、家を新しくすることが近年の念願だったようで、たいへんな期待で楽しみにしておられます。

息子様は、お母様にリビングから楽しんでもらう為に、以前から花、野菜つくりで毎日欠かさず庭のお手入れ。だから、庭を中心としたリビングからの目線、家具配置、窓位置は、大きなポイントです。

いよいよ着工して楽しみなのですが、我々にとって解体は工程が読めないドキドキの日々。
古い家屋のスケルトン作業(解体)は、想定内の期待外れの状態が現れ『ここに梁があるだろうところになかったり』『梁が途中で継がれていたり(梁の役目を果たしていない)』『筋交があっても固定されていない』とか『あるだろうところの基礎が束であったり』「ん・・・」と作業が止まります。
古い建物では、当たり前にこんなことがあります。建物を裸にした時点がとても重要な部位が見えて、基礎、柱、梁の施しがあまかったり腐食していたり。

修繕に半日、多いと数日間、そこだけの箇所で工事を要します。余分に時間がかかり目先の利益優先などに走って、少しでもいい加減なことをすれば、近いか遠い先かに必ずしっぺ返しがきます。
引渡し後に問題が生じればもう蓋をした状態、修繕など不可能に近く大損害、築いてきた信頼は飛んで消えます。

重要な部位が欠損していることは、古い建物にはあるということを計画しているお客様側も、認識して臨んでほしいと思います。
見えないところなので、想定外と言ってしまえば想定外なのですが、そこを見極めるのが建築業者です。
打合せする時は、必ず問いかけてみることです。納得できる返答が返ってくるはずです。
そこをスルーしてしまうか押させるかでは、数年しかもたないリフォームになるか、何十年もしっかり持つか決定的になりますから。

西井工務店の施工のこだわり
ほぼ解体も終わり、少しづつ様子は変わってきます。

 

基礎、土台まわりが終わった状態です。

 

※技術的なこと30年以上前の建物は、基礎高がかなり低く(地面から20cmとが)、そこに基礎の耐圧盤を単純に造るのことは、さほど難しいことではないのですが、通風性、メンテナンス性を考えると、高さを確保することが難しくなります。
大引き土台の大きさにもよりますが、それらと給排水のメンテナンスを考えると、どの部屋の床下も点検作業ができるスペースは確保しておかなければなりません。
そして、空気の流れを考えて換気が取れれば、増やしたり位置を変えてあげることです。LDKと洗面室に、床下収納を設け、各部屋の床下にもぐれるようにしております。

施工が完了しました

 

玄関から正面は広いダイニングスペースです。

見た目だけでなく、基本から見直す

弊社では二世帯変更リフォームや、建て替え不可の土地に建てられた家を蘇らせるスケルトンリフォームに加え、完全フルオーダーの注文住宅など、敏速な対応・ご相談に応じることが可能です。妥協のない工程が施工事例の写真でもわかっていただけると思います。
  • 注文住宅
  • スケルトンリフォーム
西井工務店のこだわり
  • point
    家づくりのポイント
  • price
    家づくりの費用
  • skeleton reform
    スケルトンリフォーム よくある質問
  • new construction
    注文住宅 よくある質問
  • skeleton reform
    スケルトンリフォーム 施工の流れ
  • new construction
    注文住宅 施工の流れ